2019秋季 緑化フェス 県内6公園で、緑化相談など多彩なイベントを実施

国や県、市町村では、広く住民の理解と協力を得て、都市における緑の保全・創出や都市公園・街路樹の整備等を推進し、住民参加による緑豊かな美しいまちづくりを展開するため、毎年10月に「都市緑化月間」を実施しています。
この一環として、県内の都市公園において「いばらき都市緑化フェスティバル」を開催。茨造協と行政が協力し、2019秋季いばらき都市緑化フェスティバルが県内6公園で行われました。

 大子広域公園は9月1日(日)、球根つかみ取り、木工教室、こけ玉作り、遊びの広場、風船配布をはじめ、丘の上のマルシェも開催。鹿島灘海浜公園は、9月22日(日)、緑化相談、体験製作、草花・球根等の配布、抽選会。偕楽園公園は10月6日(日)、森のクラフト、苔玉作り、ガーデニング教室、竹とんぼ作り、ストーンアート。砂沼広域公園は10月20日(日)、花鉢・綿菓子・風船無料配布、缶バッジ無料作成、金魚すくい、水ヨーヨーすくい、ガーデニング教室、竹細工教室、緑化相談、パネル展示。笠間芸術の森公園は10月26日(土)、インテリアグリーン教室、球根つかみどり、風船・水ヨーヨー無料配布、農産物直売、緑化相談、ヤマブキ苗無料配布。県西総合公園は、10月27日(日)、チャレンジ・ザ・ガーデニング、竹細工、木工細工、花壇づくり、緑化相談、フリーマーケット、野菜の即売会、花苗・風船配布、パン・豚汁の販売を行いました。