いばらき都市緑化フェスティバル 都市緑化月間にあわせて偕楽園で開催

 「2020いばらき都市緑化フェスティバルin偕楽園」が10月18日(日)10:00-16:00に偕楽園拡張部で開催され、茨造協も実施に協力しました。
 茨城県は、潤いのある緑豊かな生活環境の確保と、それを実感できる生活の実現に必要な都市緑化施策を展開するため、国土交通省が提唱する「春季都市緑化推進運動」「秋季都市緑化月間」の一環として、県内の公園において春季と秋季にいばらき都市緑化フェスティバルを開催し、都市緑化の普及・啓発を図っています。
 例年は、県内の複数の会場で、市町村などとも連携したさまざまなイベントが行われてきました。しかし昨年は、新型コロナウイルス感染拡大防止から、予定していたイベントの多くが中止になり、偕楽園では、いばらきアマエビちゃんの登録、検温・消毒など、感染症対策を実施して開催しました。
 当日は、前日の雨も上がり、好天の中、「マーケットエリア」では、茨城フラワーマーケットをはじめ、約30店舗が出展。「本部・体験エリア」では、苔玉づくりや竹細工体験、緑の相談、高所作業車体験、参加者への花苗プレゼント。「ヨガエリア」では、元気アップヨガを実施。そのほか、「本園エリア」では、偕楽園クイズラリーが行われました。

子どもたちに大人気の高所作業車体験コーナー
クラフトコーナーの様子
苔玉教室の様子